マタニティーフォトとは何か

最近よく耳にされるようになってきたマタニティーフォトですが、簡単に言えば、お腹が大きくなった状態の妊婦さんの写真を撮って残すことです。現在日本でもこのような習慣が浸透してきています。

通常日本では、妊婦さんのお腹は目立たないようにするというのが一般的でした。しかし、妊娠するということは、新しい命が宿るということである上に、限られた期間のみしかお腹が大きくなることはないので、写真に撮って残しておきたいと考える女性も多くなっています。近頃はSNSに写真をアップロードする習慣が根付いてきたことも、マタニティーフォトが浸透してきた理由の1つといえます。

撮影方法は大きく分けると2通りあります。1つめはお腹だけ出して撮影する方法です。生命の力強さを画面に収めるよう、まん丸としたフォルムを写真として記録します。2つめはきちんと服で隠した状態で撮影する方法です。どうしても他人に体の一部を見せるのが恥ずかしい、という方には、こちらがオススメです。

外国では比較的お腹だけ出して撮影することも多いですが、日本ではまだ恥ずかしいと考える人が多いので、お腹もきちんと服で隠して撮影する人が多くなっています。服で隠しても、きちんと妊娠していることが分かるようにするのがポイントです。