がん保険の選び方について

がんは日本人の二人に一人が罹患すると言われている、もはや国民病の一つです。
ひと昔前には、がんといえば死の病でしたが、現在は良い薬や治療法が次々と見つかって生存率も飛躍的に伸びています。
しかし、高額な医療費がかかるため、誰もが最先端のがん治療を受けられるわけではないのです。
少しでも良い治療を受けるためには、がん保険の加入が必須となっています。

現に保険会社にとっては、がん保険は主力商品であることは間違いありません。
しかし、さまざまなタイプのがん保険の中からどれを選べば良いのか一般の人には分かりにくいものです。
そこで大切なのは、どういった保障内容に重きをおくかということなのです。
がん保険の比較検討する際にしっかり押さえるポイントは次のようなものがあります。

がん診断給付金は、がんが診断されたと同時にまとまった保険金がおりるので、これからのがん治療にしっかり備えることができます。
そして次に大切なのは入院給付金の保障でしょう。
だいたい1日に1、2万円の給付金が平均的です。
そのほかに、通院給付金や手術給付金など、がんの種類や手術方法、通院治療すべてを保障するものです。

そして最後に最近増えてきた重粒子線などの先進医療に対応する特約です。
以上のようなポイントをしっかり押さえて、自分が必要な保障、不必要な保障、それぞれを考えてニーズに最も合ったがん保険選びをすると失敗がありません。